朝を楽しむ

日の出の時間も早くなり、早朝からの散歩やサイクリングが気持ち良い季節になりました。
少し肌寒いくらいですが、歩いたり自転車に乗っていると快適な風が吹きます。
時間が経つにつれて、汗ばむくらいになってくるので、風が心地よく感じられます。
Read more →

男を見る目がない

最近友達がデート代は男の人に払ってもらうのが当たり前と言っていたので、そういう考えの人もいるのかと思っていたところふと元彼氏の事を思い出したので、良い機会だと思い自分がどんな人達と付き合ったか分析してみた。
元彼の中に親がもの凄い金持ちな人がいた。
もちろん彼の父親は社長、東京の高級住宅街に住み、海外ともビジネスをしているとの事。
その事を付き合ってから知り、素直にすごいね!!などと驚いていた。
それ以降も彼の金持ち自慢は続いたが私は奢ってもらうのは悪かったのでいつも割り勘にしていた。
むしろなぜか私の方が多く払っていたと思う。
でもお金のことで揉めたくないしと思って何も言わずにいた。
でも金持ち自慢とプライドが高すぎるのといろいろあり結局別れた。
数年後、新しい彼氏ができ、その彼も親が社長で会社を経営していた。
その時も同じで彼は親から車を買ってもらったりと金持ち自慢をするが私とのデートは割り勘。
それは自分から言い出したので良いのだかその時もなぜか私の方が多く払っていた。
その彼氏は束縛がすごかったのでさよなら。
そして次にお付き合いした彼氏は片親で医療関係の職についていた、重労働の割にお給料は少ない。
大学進学を諦め、高校卒業と同時に働き家族を支えてきたらしい。
彼とのデートも割り勘だったが彼は必ず少し多めにだしてくれた。
私が大丈夫きっちり割り勘しようと言っても少しくらいかっこつけさせてよと優しい笑顔を見せた。
感動した。
だが、その彼とも縁はなく別れる事になった。
お金持ちほどお金を使わない、だからお金持ちなんだと母が昔言ってた事を思い出した。
そして、分析した結果、私は男を見る目がないという事がわかった。

内臓脂肪ダイエットの運動

内臓脂肪を減らすためのダイエットで、食事の他にすべきことはどんなことでしょう。
基本的な食事の工夫と運動が大切です。
運動で内臓脂肪ダイエットを成功させるためには、どのような運動をしたら良いのでしょうか。
運動の種類は様々ですが、特に内臓脂肪のダイエットをする時には有酸素運動をするとよいと言われています。
有酸素運動は酸素を燃焼させエネルギーにしながら継続的にできる運動のことで、ジョギングやエアロビクス、自転車こぎなどです。
呼吸を止めずに、酸素を使いながら運動をすることになるため、脂質や糖質をエネルギーとして燃焼し続けます。
運動中に酸素を補給せず、きつい運動をすると、筋肉には乳酸が蓄積されて疲労が増加します。
有酸素運動の利点は、時間をかけて続けられることにあります。
気軽に、誰でもできる有酸素運動に、ウォーキングがあります。
ウォーキングは、どんな人にでもできる気軽な有酸素運動です。
特殊な道具や知識がなくてもできるので、思いついたその日からできます。
一人でも始めることができますし、毎日の生活に取り入れやすいのも良いでしょう。
毎日の生活習慣の中で、交通機関の移動距離を短くして徒歩移動の距離を伸ばしたり、階段を積極的に使うこともおすすめです。
内臓脂肪ダイエットでは、歩き方をきちんとすることもよいといいます。
背中は曲がらないように、一歩の踏み出しを大きく、手を振りながら歩くことがウォーキングのコツです。
内臓脂肪のダイエット効果を上げるには、だんだんとウォーキングの運動量を増やしていきましょう。
内臓脂肪をダイエットで燃焼させるためには、適度な有酸素運動を習慣化させることです。

息子に罪悪感

最近2歳半になる息子に、我慢をさせてしまっている気がする。
いや、きっとさせている。
今、双子妊娠中の35週目だ。
里帰り出産のため、他県の実家に2歳半の息子と一緒に帰省中である。
Read more →

生きようとする力と後悔しない生き方

先日、祖母が亡くなりました。
暗い話をするわけではないです。
祖母は既に高齢で、肺炎を起こしたために亡くなりました。
入院は2週間ほどで、入院したときには既に祖母は助からないと宣告されていたそうです。
私は祖母が入院している間、時間の許す限り、お見舞いしに行きました。
祖母はすでに正気なく私のことも覚えていない様でした。
でも、そのときのシーンがを今思い返すと、祖母は最後まで必至に生きようする力を私たちにみせてくれた様に思います。
既に肺炎となって体力が落ちているにも関わらず、部屋の中を動き回ろうとする祖母をみて、そう思いました。
とても面白くて、もう一度話がしたかった祖母ですが、それも今は叶いません。
でも最後に私たちにメッセージを残してくれた様に思います。
できる限り必至に生きなさいと言ってくれていたのだと思います。
そして、もうひとつ私が祖母から教わったことがあります。
それは後悔をしない生き方をするということです。
祖母は入院する前はとても元気だったそうです。
でも高齢で突然の入院。
つい先ほどまで元気だった人も、亡くなるということはあり得る、だから後悔しない生き方をしないといけないと教わったと私は思っています。