無理のない返済を計画する事が大切

基本的に、借金というものはおススメできるものではありませんよね。
返さなければいけないプレッシャーもありますし、返済できず延滞などすれば自分が苦しむのはもちろん、借金をした相手にも迷惑です。

ただ、私も数回借金をした覚えがあります。
大きなものはと言えば、自分のお気に入りのバイクを買ったときです。
せっかく見つけたヴィンテージ、すぐに買わないと誰かに買われてしまうかもしれないこと、また、バイクをすぐに購入することで、電車で行っていた通勤がバイク通勤になり、今後の通勤代が浮くことを考え、先に購入し、後から返済することにしました。
カード会社から借金をした形です。

その後は、返済額を少なく、長い期間にしましたが、そうすることで毎月の負担を減らすことができ、生活スタイルを変えることなく過ごせました。
また、プレッシャーを感じるかもしれないと危惧していましたが、そこは逆にその当時していたアルバイトを一生懸命行うというモチベーションにもつながりましたので、あまりプレッシャーには感じませんでした。
何よりも、大好きなものを手に入れられた嬉しさが増し、結果、お金を借りられたことでその後の生活が明るく楽しいものに変わっていきました。

借金自体はお勧めしませんが、本当にどうしてもほしいものがある時は、無理のない支払額で返済しながら先に手に入れてしまうことは悪いことではないと思います。

3


借金返済は予想の10倍以上苦しい

借金返済は苦しいものだという印象はだれでも持っていらっしゃることでしょう。
そもそも返済が楽だと思っている人はお金に困っていないことが多く、実際に借金をしなければならないほどお金に困っていないのです。

つまり、借金をするということは一時的にお金が増える結果にはなりますが、後々やってくる返済に際しては借りる前より苦しくなることも当然あるのです。
つまり、借りる前に安易な考えで借りてしまう人にとっては実際に感じる返済の苦しみが予想の10倍になると言っても過言ではありません。

借り入れるときにも業者と個人の信用の内で契約を結ぶわけですので、当然返済していくことが義務です。
ですが、その義務を守らなければ当然世間としても信用を失う事になりますし、その具体的な形が信用機構への登録です。
結果として将来的に信用契約ができなくなるデメリットが発生しますが、そうなれば元々苦しい生活が余計に苦しくなります。
元々所持金を管理することができれば借金苦になることは無いでしょう。

何かの目標のためにお金が必要だというのであれば、借金を挽回できる計画性か、借金を作らない計画性が必要なのです。
そうした計画性は人生設計に置いて大いに必要な要素なのです。
既にお金を借りていて、どうにもならない状態なら下記サイトを参考にしてみて下さい。

http://xn--nwq024eufxfxb.jp.net/

2


借金返済で手を出さないほうが良い業者

借金を重ねていくとこれ以上借金が出来ないという枠があります。

消費者金融ならば総量規制があり、年収の3分の1以上の借入が出来ないですし、銀行では総量規制対象外なので、それ以上の借金も出来ますが、審査に通らないと大きな枠は借りる事が出来ないです。

そこで、借金を重ねて返済に手が回らなくなる事があり、借金を返済するために、新しくキャッシング等をしますが、その新しい借入が出来なくなるラインまで来ると困ってしまいます。

その時に、規制対象外の違法取引をしている業者に依頼して借りようとする方も居て、そういう客を狙って営業している業者も居ますが絶対に手を出さないようにしたい所です。

基本的には利息が異常に低いとか高いような表記をしている業者は危険ですし、本当に手が回らなくなった時は、弁護士等に相談して、間に入って貰って借金返済の話合いをした上でお金を返していくのが安全で安心です。

そもそもクレジットカードでの買い物やキャッシングを行う時にはお金を返すのに必要な利息と期間まで具体的に決めて計画を立てるのが定石です、この計画を具体的に立てる事が出来ると、困る状態にはならないので、まずはお金を完済するまでの計画作りから行って借金をしましょう。

1


Go to top